がんばれシチー軍団ホームページ

友駿ホースクラブのシチーを応援するホームページです。

    このページは、友駿ホースクラブのシチー所有の皆さんとともにシチー全馬を応援するページです。

    3歳シチー成績
    ラスベガスシチー 5→1→10→8
    キーウエスト 4→5→6→2→3→1→15
    ハイデンガールズ 9→1
    マリナーズシチー 1

    クレストシチー 6→4→9
    プログレスシチー 10→5

    エランドールシチー 9
    レディカリーナ 10
    シャルマンヒロイン 10
    スカーレットギャル 11→17→10→15

    マーベラスシチー 

    2019年4月13日福島12R飯盛山特別芝2000m戦でヴァンベールシチーが優勝しました。


    IMG_2901
    デビュー戦で優勝してから約2年間勝ち星のないヴァンベールシチー。
    今回が16戦目。デビュー戦から毎回欠かさず横断幕を張るため競馬場で生観戦していますが、なかなか2勝目を挙げられませんでした。どうしても後ろから行くので展開に左右されがち。かと言って先行すると甘くなってしまう。なかなか難しい馬です。

    IMG_2905
    IMG_2912
    個人的にはヴァンベールシチーは器用な馬で無いので、後ろから進めると共に、馬群に揉まれたり他馬に邪魔されないように大外をぶん回してスムーズな走りを最優先させたほうが良いと思っています。
    極端に切れるわけでもないので600m位前からスパートする感じです。

    パドックはうるさいのが正常運転で、逆におとなしいほうが何もせずにただ回ってくるだけの競馬になることが多いです。で、この日はどうだったかというとおとなしかったです。。デビュー戦から全戦パドックに張り付いていますが、ちょっと心配な感じでした。



    IMG_2927
    IMG_2930
    IMG_2933
    どっちかと言うとヴァンベールシチーは直線長い方が向いていると思いますが、小回りでもコーナー大外まくってくれば好勝負しそうな感じ。逆に内に入るとスムーズな競馬ができずに不完全燃焼で終わってしまう。今回菱田騎手はどのように乗るのか。

    IMG_2939
    IMG_2941
    スタートは普通に出ました。先行も可能なスタートも徐々に後方に下げていきます。
    今回も差し戦法のようです。

    しかし今回は明らかに外々を意識した走りで600m手前でスパートをかけ4コーナー大外を回り直線入り口では4番手に。これは良い感じ。

    IMG_2945
    最後は5番の馬を交わせるかどうかの一騎打ちになり見てるこちらも大声援。
    ヴァンベールシチーがゴール前で捕えて優勝!
    いつもはゴール前の写真を撮るのですが、今回ばかりは写真を撮るのを止めて肉眼で応援しちゃいました。
    ヴァンベールシチー約2年振りの優勝です。

    IMG_2948
    IMG_2953
    菱田騎手が最高の乗り方をしてくれたって感じです。
    ヴァンベールシチーの能力を最大限引き出してくれました。

    IMG_2967
    IMG_2982

    この日はジャストマリッジに続いて2回目の口取り参加でした。嬉しい。
    パドック落ち着いてたのが良かったのかな。口取りの時も落ち着いていました。精神的に成長したのな。

    今回は菱田騎手が上手すぎました。また乗って欲しいです。

    2着馬陣営は当初菱田騎手に乗ってもらうつもりだったそうです。騎乗依頼したところ、ヴァンベールシチーに乗るからと断られたとのこと。先に菱田騎手を押さえた池上厩舎もGJでした。

    1年振りの更新となります。愛馬優勝口取りできたら更新しようと思っていたら1年経ってしまいました。

    2019年4月13日福島4R未勝利芝2000m戦にてジャストマリッジが優勝しました。

    デビュー戦は既出走馬ばかりの中で衝撃の2着でした。
    中京左回り芝2000mを差して2着でしたが、今回は小回り右回りの福島2000m戦。コースの形態が全くことなるので、好走できるのか注目の一戦でした。


    IMG_2779
    ジャストマリッジの横断幕が2枚出ていました。
    青色の幕を張った人は友駿の初めての愛馬でこの日のために急きょ作ったとお聞きしました。
    IMG_2781
    人気は2番人気4.3倍でした。424キロの小柄な牝馬でデビュー戦のあの走りができたのですから凄いです。

    IMG_2791
    今回はどのようなレースをするのか気になってました。
    小回りコースなので先行するのか、後ろから行くのか、馬群を割ってくるのか、安全策なら先行するのでしょうか。

    IMG_2802
    IMG_2812
    IMG_2814
    そういえば西村騎手は前走▲でしたが今回は△に。これは影響あるのかないのか。

    IMG_2822
    スタートはちょっと立ち上がる形になってしまいました。。

    IMG_2825
    最初の直線では後方集団に。

    IMG_2827
    その位置で届くのか。。

    IMG_2832
    1コーナーでは後ろから2頭目。福島でこの位置は厳しいかも。
    この後、向こう正面800m位から手が動き大外を進出していきます。
    動くの早くないか、力尽きないかちょっと心配に。

    IMG_2833
    直線入り口では先頭集団に。

    IMG_2836
    残り200mで先頭に立つジャストマリッジ。
    脚色を見て勝利を確信。

    IMG_2841
    なんか強いぞ!


    IMG_2846
    勝った!2戦目で見事未勝利脱出です。


    IMG_2850
    IMG_2853
    IMG_2855
    IMG_2864
    IMG_2873
    これは今後も期待できそう。秋は秋華賞戦線か。
    楽しみな馬が誕生しました。
    800万円の馬が2着→1着の成績は凄いです。
    早めにもう1個勝って秋に備えて欲しいですね。

    管理人も久々の口取りでした。
    ローカルだけあって応募者4人だけでした。

    本日、新潟11R谷川岳ステークスに出走したクラリティシチーは最後の直線で故障を発生し、予後不良安楽死処分となってしまいました。

    ブログはなるべくシチーが勝った時だけ書こうと思っていましたが、現場で見た者として、最後のクラリティシチーの雄姿を伝えようと思います。

    クラリティシチーはここまで30戦3勝のオープン馬。3歳春のクラシック戦線を賑わせました。いつもあと一歩のところで賞金加算できず、強硬ローテを頑張って走り続けました。その後、G3重賞2着2回という中途半端な賞金加算で最低賞金でのオープン昇格。いつも真っ先に賞金除外対象になり、思ったレースに出られませんでした。最後に勝ったのは3年前の東風ステークス。
    昨年はエプソムカップから中1週で宝塚記念出走や、富士ステークスからカシオペアステークスに連闘するも不良馬場に泣くという、運の無い馬でした。基本差し馬ですがマイルでもスローだったりと自分のレースができていませんでした。

    そんなクラリティシチーが谷川岳ステークスに登録。今回は除外の心配なし。
    メンバーを見るとミドル以上ハイペースの可能性が高い。さほど強い馬も見当たらない。
    枠順は大外16番を引き当てる。新潟は新馬戦でガリバルディに勝って新馬勝ちした得意コース。

    これなら、4角大外を回って最後の長い直線で差し切れるぞ。クラリティシチーの勝ちパターンのレースになりそう。私の期待はMAXでした。しかもなぜか人気が無い。(11番人気)
    ここをきっちり勝って賞金を加算して、これからは出たい重賞に出て活躍しまくるぞ~

    パドック入場
    IMG_1427
    IMG_1428
    クラリティシチーの馬体重は496キロ。全く問題なし。

    IMG_1429
    IMG_1434
    いつもは大人しいクラリティシチーが今日は気合いが入っていました。
    馬も分かっていたのかな。今日が重要な一戦になることを。

    IMG_1436
    馬体の雰囲気も良かったです。あとは末脚爆発に期待するだけ。

    IMG_1438
    IMG_1439
    新潟を走るのはセントライト記念以来です。

    IMG_1451
    IMG_1452
    本馬場入場は最後に登場。

    IMG_1453
    IMG_1457
    IMG_1459
    IMG_1461
    クラリティシチー自身が走りたくて走りたくてしょうがない感じでした。
    川須騎手が落ち着かせようとするも反発していました。


    IMG_1466
    IMG_1467
    IMG_1470
    IMG_1472
    無事、返し馬に移行。期待は高まります。


    IMG_1474
    発走が近づき、ゲートに向かうクラリティシチー


    IMG_1475
    ファンファーレ


    IMG_1477
    最後にゲート入りするクラリティシチー


    IMG_1480
    スタートはまあまあ。良すぎて前に行っちゃうのも困るので。

    位置取りは中段後方の外をキープ。
    これなら包まれることなくコーナー大外を回って直線勝負できるぞ。いいぞ、いいぞ。
    ペースも早い。差し展開か。

    コーナー大外を回り直線に入る。あとは真っすぐ走るだけだ。前方に障害物はないぞ。
    クラリティシチーの加速が始まる。これは良い時のパターンだ。勝てる!

    内回りコースの合流地点400mを過ぎたあたりで、内側斜め前を走る馬が外に少し寄れる。
    クラリティシチーがちょっとつまずくような形になり、少し後方に下がってしまう。
    すぐその後にクラリティシチーが再加速を始めると、再びガクンとなりズルズルと失速しました。


    IMG_1482
    ここまで下がるのは脚になにかあったに違いない。

    IMG_1483
    スピードは落ちてるが、走りを止めないクラリティシチー

    IMG_1486
    もう走っていると言える速度では無かったけど、ゴールを目指すクラリティシチー


    IMG_1487
    勝ち馬から9秒後に、ゴール板を過ぎたところでクラリティシチーは止まりました。


    IMG_1488
    IMG_1489
    下馬してクラリティシチーの様子を見る川須騎手

    IMG_1491
    関係者が集まってきました


    IMG_1493
    左前脚が痛いことを伝えるクラリティシチー


    IMG_1494
    川須騎手も再度かけつける


    IMG_1497
    左前脚を痛がるクラリティシチー。立っているだけでも辛そうでした。
    左前脚の先がコントロールできていないことは見ていて伝わりました。。。
    こちらも覚悟ができました。
    馬運車も向かってきます。

    IMG_1499
    IMG_1500
    IMG_1501
    ここで車に乗ることを嫌がる馬も多いけど、クラリティシチーは素直に乗ってくれました。
    さようならクラリティシチー

    JRAからは左前繋靭帯断裂とだけ発表がありました。
    その後、友駿ホースクラブから会員向けにお知らせがあり、
    レントゲンを撮ったところ、腱を全て断裂しており安楽死の処置を取ったと発表されました。。。


    クラリティシチー号のご冥福をお祈りいたします。


    今日のクラリティシチーの最終戦の結果を見てください。
    谷川岳ステークス16着です。競走中止ではありません。
    ゴール400m手前で故障を発生し、走ることを止めても良かったのに、クラリティシチーは最後の力を振り絞ってゴール入線しました。何が何でもゴールしたかったのでしょうか。
    クラリティシチーの状態を考えるとこの16着は重いです。

    春のクラシック戦線ではワンアンドオンリーやモーリスにも先着し、競馬ファンからの人気もある馬でした。セントポーリア賞の糞騎乗も話題になりました。弟のクラリティスカイとの比較もされました。
    3勝しかできなかったけど、かけがえのない大好きな愛馬でした。

    クラリティシチーお疲れさまでした。

    このページのトップヘ