がんばれシチー軍団ホームページ

友駿ホースクラブのシチーを応援するホームページです。

    このページは、友駿ホースクラブのシチー所有の皆さんとともにシチー全馬を応援するページです。

    3歳シチー成績
    ラスベガスシチー 5→1→10→8
    キーウエスト 4→5→6→2→3→1→15
    ハイデンガールズ 9→1
    マリナーズシチー 1

    クレストシチー 6→4→9
    プログレスシチー 10→5

    エランドールシチー 9
    レディカリーナ 10
    シャルマンヒロイン 10
    スカーレットギャル 11→17→10→15

    マーベラスシチー 

    本日、新潟11R谷川岳ステークスに出走したクラリティシチーは最後の直線で故障を発生し、予後不良安楽死処分となってしまいました。

    ブログはなるべくシチーが勝った時だけ書こうと思っていましたが、現場で見た者として、最後のクラリティシチーの雄姿を伝えようと思います。

    クラリティシチーはここまで30戦3勝のオープン馬。3歳春のクラシック戦線を賑わせました。いつもあと一歩のところで賞金加算できず、強硬ローテを頑張って走り続けました。その後、G3重賞2着2回という中途半端な賞金加算で最低賞金でのオープン昇格。いつも真っ先に賞金除外対象になり、思ったレースに出られませんでした。最後に勝ったのは3年前の東風ステークス。
    昨年はエプソムカップから中1週で宝塚記念出走や、富士ステークスからカシオペアステークスに連闘するも不良馬場に泣くという、運の無い馬でした。基本差し馬ですがマイルでもスローだったりと自分のレースができていませんでした。

    そんなクラリティシチーが谷川岳ステークスに登録。今回は除外の心配なし。
    メンバーを見るとミドル以上ハイペースの可能性が高い。さほど強い馬も見当たらない。
    枠順は大外16番を引き当てる。新潟は新馬戦でガリバルディに勝って新馬勝ちした得意コース。

    これなら、4角大外を回って最後の長い直線で差し切れるぞ。クラリティシチーの勝ちパターンのレースになりそう。私の期待はMAXでした。しかもなぜか人気が無い。(11番人気)
    ここをきっちり勝って賞金を加算して、これからは出たい重賞に出て活躍しまくるぞ~

    パドック入場
    IMG_1427
    IMG_1428
    クラリティシチーの馬体重は496キロ。全く問題なし。

    IMG_1429
    IMG_1434
    いつもは大人しいクラリティシチーが今日は気合いが入っていました。
    馬も分かっていたのかな。今日が重要な一戦になることを。

    IMG_1436
    馬体の雰囲気も良かったです。あとは末脚爆発に期待するだけ。

    IMG_1438
    IMG_1439
    新潟を走るのはセントライト記念以来です。

    IMG_1451
    IMG_1452
    本馬場入場は最後に登場。

    IMG_1453
    IMG_1457
    IMG_1459
    IMG_1461
    クラリティシチー自身が走りたくて走りたくてしょうがない感じでした。
    川須騎手が落ち着かせようとするも反発していました。


    IMG_1466
    IMG_1467
    IMG_1470
    IMG_1472
    無事、返し馬に移行。期待は高まります。


    IMG_1474
    発走が近づき、ゲートに向かうクラリティシチー


    IMG_1475
    ファンファーレ


    IMG_1477
    最後にゲート入りするクラリティシチー


    IMG_1480
    スタートはまあまあ。良すぎて前に行っちゃうのも困るので。

    位置取りは中段後方の外をキープ。
    これなら包まれることなくコーナー大外を回って直線勝負できるぞ。いいぞ、いいぞ。
    ペースも早い。差し展開か。

    コーナー大外を回り直線に入る。あとは真っすぐ走るだけだ。前方に障害物はないぞ。
    クラリティシチーの加速が始まる。これは良い時のパターンだ。勝てる!

    内回りコースの合流地点400mを過ぎたあたりで、内側斜め前を走る馬が外に少し寄れる。
    クラリティシチーがちょっとつまずくような形になり、少し後方に下がってしまう。
    すぐその後にクラリティシチーが再加速を始めると、再びガクンとなりズルズルと失速しました。


    IMG_1482
    ここまで下がるのは脚になにかあったに違いない。

    IMG_1483
    スピードは落ちてるが、走りを止めないクラリティシチー

    IMG_1486
    もう走っていると言える速度では無かったけど、ゴールを目指すクラリティシチー


    IMG_1487
    勝ち馬から9秒後に、ゴール板を過ぎたところでクラリティシチーは止まりました。


    IMG_1488
    IMG_1489
    下馬してクラリティシチーの様子を見る川須騎手

    IMG_1491
    関係者が集まってきました


    IMG_1493
    左前脚が痛いことを伝えるクラリティシチー


    IMG_1494
    川須騎手も再度かけつける


    IMG_1497
    左前脚を痛がるクラリティシチー。立っているだけでも辛そうでした。
    左前脚の先がコントロールできていないことは見ていて伝わりました。。。
    こちらも覚悟ができました。
    馬運車も向かってきます。

    IMG_1499
    IMG_1500
    IMG_1501
    ここで車に乗ることを嫌がる馬も多いけど、クラリティシチーは素直に乗ってくれました。
    さようならクラリティシチー

    JRAからは左前繋靭帯断裂とだけ発表がありました。
    その後、友駿ホースクラブから会員向けにお知らせがあり、
    レントゲンを撮ったところ、腱を全て断裂しており安楽死の処置を取ったと発表されました。。。


    クラリティシチー号のご冥福をお祈りいたします。


    今日のクラリティシチーの最終戦の結果を見てください。
    谷川岳ステークス16着です。競走中止ではありません。
    ゴール400m手前で故障を発生し、走ることを止めても良かったのに、クラリティシチーは最後の力を振り絞ってゴール入線しました。何が何でもゴールしたかったのでしょうか。
    クラリティシチーの状態を考えるとこの16着は重いです。

    春のクラシック戦線ではワンアンドオンリーやモーリスにも先着し、競馬ファンからの人気もある馬でした。セントポーリア賞の糞騎乗も話題になりました。弟のクラリティスカイとの比較もされました。
    3勝しかできなかったけど、かけがえのない大好きな愛馬でした。

    クラリティシチーお疲れさまでした。

    11/18(土)福島12R高湯温泉特別に出走したヴァンベールシチーは5着でした。

    以下、観戦記です。

    フルゲート16頭に対して37頭が特別登録した高湯温泉特別。優先出走権も持ってないし、ここは除外されるだろうと油断していたら、まさかの出走確定でビックリ。

    近走のヴァンベールシチーは後ろからレースをするとスローペースで届かず、前でレースをすると最後息切れしてしまうという、自分の競馬ができていないレースが続いていました。平均~ハイペースで流れるレースは無いものか、そんなレース待ちでした。

    今回の舞台は福島芝2000m。メンバーを見ると逃げ先行馬が揃い、平均ペース以上になりそうな気配。しかし直線の短い福島コース。後ろからレースして届くのか?、先行押し切りで息切れする前にゴールを狙うのか?
    私が調教師なら後方待機で3角大外マクリの指示を出すと思うけど、最内1番枠に入ってしまった。どうすんのこれ。
    ヴァンベールシチーの位置取りが全く予想できないドキドキワクワクの一戦です。

    パドックの狭い(横断幕を張るスペースの少ない)福島競馬場なので、朝4時起床し6時過ぎの新幹線で福島入り。眠い。開門ダッシュしたけど、幕が少なく余裕で張れました(笑)

    さあ。ここから最終レースまで暇だ。福島競馬場は毎日集客イベントをやっているのでチェックすると、この日は昼休みの小和田アキ子ミニライブのみ。誰だお前?先週だったら永野だったのにぃ。

    しかも寒いからか、屋内ホールのピーチプラザでの開催。ステージで熱唱しているのだけど、後ろの大型ビジョンでは普通にレース中継映像が流れていて、ドラグーンシチーが走っているシュールな会場でした。てかドラグーンシチーが気になってステージに集中できん。残念3着!


    さて、話は戻ってヴァンベールシチーは新聞に印がほとんど無いにも関わらず、最初は3番人気10倍前後でした。所有会員さんが大口で突っ込んでいるのかな。(最終オッズは29.7倍)
    馬体重はマイナス2キロの420キロ。デビュー戦の体重を下回ってしまいました。まだ成長期に入っていないのでしょうね。晩成血統ですし、あと1年位待つ必要がありそうです。

    20171118-01
    今回のパドックは二人引きでした。前走よりは落ち着いている感じ。

    20171118-02
    見た感じは良くも悪くもなく普通。今日は寒いからか発汗も目立ちませんでした。

    20171118-03
    外ではメインレースが行われていて、パドックに張り付いているのはヴァンベールシチーの会員のみという異様な状況。

    20171118-04
    20171118-05
    ぶっちゃけ一番心配なのが鞍上の中谷騎手。優先権もないし、裏開催で余っている騎手にしか依頼できないので仕方ない。

    20171118-06
    本馬場入場の時間になりました。

    20171118-10
    ヴァンベールシチー来た

    20171118-11
    20171118-12
    20171118-13
    20171118-131
    20171118-132
    いつもは返し馬でテンション高いのに今日は落ち着いていました。もしかして期待しちゃっていい?

    20171118-20
    ファンファーレが鳴っていよいよスタートだ。今日はどんなレース運びをするのか?

    ゲートが開く!
    スタートは普通だ。前に行くのか行くのか?
    あ~行かせようと押してない。後方待機策か!


    20171118-21
    前に行きたい馬がどんどん進出。ヴァンベールシチーはラチ沿いピッタリに進めます。

    ペースが速くなるから、末脚勝負だな。

    1コーナー通過、10番手辺り

    2コーナー通過、10番手辺り

    先頭1000m通過、1分1秒ちょい。スローペースじゃねぇか。これはヤヴァイ、終わった。。。

    3コーナー入り口、11番手。ヴァンベールシチーは相変わらず最内を走行中。外に出せない出す気なし。このまま見せ場なく後方ゴールインなのか。

    他馬は内の芝の荒れた部分を開けてコーナーを回る。ヴァンベールシチーは開いている荒れたところを加速しながら進出。おおお!

    20171118-30
    直線入り口、前を伺う絶好のポジション!これは期待できるぞ!

    20171118-31
    中谷:ヴァン、内が空いてる。内に行け!
    ヴァン:はい

    20171118-32
    前を走る馬が内にヘタレる。
    中谷:やべえ、内が閉じてしまった。
    ヴァン:もう!

    20171118-33
    中谷:内は中止な
    ヴァン:はい

    20171118-34
    中谷:外にするぞ
    ヴァン:はい

    20171118-35
    中谷:外から前を塞がれた
    ヴァン:いいかげんにしろ!

    20171118-36
    中谷:完全に前が壁になってしまった。師に怒られる!
    ヴァン:ったくもう。。

    20171118-22
    20171118-23
    20171118-24
    直線で上手く進路を確保できなかったものの、最後まで頑張って5着入選。
    直線スムーズなら3着あったか。
    何はともあれ、優先出走権獲得の5着は大きい。

    小回りコースでスローペースの後方から内を通ってもがきながらも掲示板に乗ったのは収穫でした。
    小柄で器用で本来は小回り行けるハズの馬なので、こういう競馬ができたことは素直に嬉しいです。

    馬体の本格化はまだまだ先だと思うので、今は色んなレースを経験して学習していけばいいかなと。

    優先権も確保でき、次は中山か中京か。


    先週、北海道・浦河に牧場見学に行ってきました。
    今日から数回、牧場レポートをお伝えします。

    トップバッターは、幌村牧場さんのケープタウンシチーの2017(父キズナ)の牝馬です。
    IMG_9725


    ケープタウンシチーの仔は、
    ヴァンベールシチー牡 父ステイゴールド
    ハートランドシチー牡 父ハーツクライ
    ケープタウンシチー2016牡 父オルフェーブル
    と牡馬が3頭続いて、今年ようやく牝馬が誕生しました。

    これであと10年はこの牝系を楽しむことができます。

    IMG_9740
    産まれてまだ1ヶ月半ですので、仔馬ちゃんです。
    ケープタウンシチーの血統は父に似た仔を出しやすいのですが、この仔もキズナに雰囲気が似ています。

    IMG_9743
    賢そうな顔つきです。

    IMG_9747
    まだ産毛の状態ですので、毛色は定かではありませんが、
    目の周囲に黒い毛が生えていることから、黒鹿毛か青鹿毛かもしれないとのことです。

    IMG_9766
    母ケープタウンシチーと並んでの撮影。

    IMG_9770
    IMG_9775
    母ケープタウンシチーのお腹が膨らんで見えますが、遅生まれが続いたので、今年は種付けしていないとのことです。
    来年は早めに種付けして早生まれの仔を目指すことになります。

    来年は何を種付けしたらいいと思う?と聞かれて、
    「う~ん、無難に行くならもう一度オルフェーヴルかな。マックイーンのクロスは魅力です」と答えました。

    「でも、次男のハートランドシチーがデビューして好成績を残すようなら、一度は覚悟を決めてディープインパクトを付けるのもいいかも」と続けて答えました。
    毎回ディープを種付けされたら馬代金が高額になり、会員も大変だけど、一度は夢を見てみたい気もします。

    IMG_9776
    たぶん、佐々木厩舎になると思います。
    厩舎も良いし、この仔も期待して良いんじゃないでしょうか。

    IMG_9777
    母ケープタウンシチーは繁殖牝馬としてまだ大丈夫ですか?と聞いたところ、
    まだまだ大丈夫とのことでした。あと4~5頭は産んで欲しいです。

    IMG_9782
    狙うは牝馬3冠か。オークスを制して凱旋門賞挑戦か。

    IMG_9789
    実は出べそちゃんだったりします(笑)

    IMG_9786
    IMG_9792
    スラっとした体型になりそう。

    IMG_9788
    年末に募集が始まります。よろしくね!

    IMG_9804
    まだまだ仔馬です。ママのお乳大好きです。


    この一族の牝馬は活躍するので、最低でも芝中距離で3勝くらいできるでしょう。
    2年後のデビュー戦が楽しみですね。


    このページのトップヘ