がんばれシチー軍団ホームページ

友駿ホースクラブのシチーを応援するホームページです。

    このページは、友駿ホースクラブのシチー所有の皆さんとともにシチー全馬を応援するページです。

    3歳シチー成績
    ラスベガスシチー 5→1→10→8
    キーウエスト 4→5→6→2→3→1→15
    ハイデンガールズ 9→1
    マリナーズシチー 1

    クレストシチー 6→4→9
    プログレスシチー 10→5

    エランドールシチー 9
    レディカリーナ 10
    シャルマンヒロイン 10
    スカーレットギャル 11→17→10→15

    マーベラスシチー 

    2014年11月

      mixiチェック

    kura16
    東京スポーツ杯2歳S出走を予定しているクラージュシチーが1週前追い切りを行いました。


    ウッドコースで6F 78.3-63.7-50.2-38.1-13.0のタイムを一杯に計時。
    メイショウサミット(古馬オープン)一杯の外0.5秒追走3F併せ0.9秒先着。


    6Fのタイムは本日の一番時計ですね。2歳馬とは思えないタイムです。
    これでレースが楽しみになってきました。


    戸崎騎手が騎乗予定のようですね。

      mixiチェック

    美浦トレセン近くにあった武田牧場の売却に伴い、武田牧場で場長を務めていた石橋敏行氏が独立し、2014年9月に開業した牧場です。

    独自の牧場は持たず、美浦トレセン近くのオークヒルファームとリトルブルーファーム(旧称 小野瀬ファーム)に馬房を借りる形で運営しています。関東では牧場内牧場の形態が多いですね。


    武田牧場の従業員の皆さんも石橋代表と共に、現在は石橋ステーブルさんで働いています。


    ishibashi
    武田牧場時代の石橋氏(馬はジェントルシチー)


    休養馬はオークヒルファームに、レースの近い馬はリトルブルーファームと使い分けをしています。
    また、石橋氏は美浦トレセンにて「重賞請負人」の異名を持つ獣医師の可世木先生との付き合いが古く、牧場の馬も可世木先生によってしっかりケアされています。


    kaseki
    ディオーサシチーに注射を打つ可世木先生

    石橋氏は友駿ホースクラブとの繋がりも深く、上原師、古賀慎師、田中清師、和田雄師とクラブの橋渡しも行っています。

    また、開業時には湯島の焼き鳥屋さんから、胡蝶蘭2セット届いています。


    馬房数を倍増する計画もあり、将来が楽しみな牧場です。

      mixiチェック

    horo
    新ひだか町三石にある家族経営の牧場です。

    幌村牧場さん生産のシチーは、ここ10年間で28頭デビューし、勝ち上がり15頭と勝ち上がり率は50%を超えています。クラブの勝ち上がり率は約25%ですので、幌村牧場さんの馬がいかに走るかは一目瞭然です。


    クラブの現役馬には、グランドシチー、ゲルマンシチー、ディオーサシチー、ハドソンシチー、ラフィネシチー、クラージュシチー、コンクエストシチー、リアンシチーがおり、クラブを支える大切な牧場に位置付けられています。


    馬選びで迷った時には、幌村牧場さんの馬を選ぶのも手でしょう。

    今後はクラージュシチーの生産牧場として、さらに注目を集めることになりそうです。


    現在、幌村牧場さんには、クラブの繁殖牝馬エレアシチーとケープタウンシチーがいます。
    ケープタウンシチーは今年ステイゴールドの牡馬を出産しており、来年募集の予定です。


    また、今年はエレアシチーにエスポワールシチーを、ケープタウンシチーにハーツクライを種付けしています。これも楽しみですね。


    以前は、アスコットシチー、クラージュシチーの母である繁殖牝馬リボンシチーもいましたが、クラブの意向で処分されてしまいました。クラージュシチーがリボンシチー最後の仔です。
    アスコットシチーがもう少し早く覚醒していれば、今でも繁殖を続けられていたかもしれませんが、こればっかりは仕方の無いことですね。

      mixiチェック

    11/19(水)浦和記念(G2)の詳細が発表されています。
    http://www.urawa-keiba.jp/news/nws2014111001.pdf


    浦和記念競走 出走予定馬
    JRA所属馬[出走枠4頭]
    1 エーシンモアオバー 騎手未定
    2 グランドシチー 左海騎手
    3 シビルウォー 岩田騎手
    4 ランフォルセ 騎手未定


    このメンバーであれば、グランドシチーは勝ち負けでしょう。


    ここをあっさり勝って12月のチャンピオンズカップ(G1)に進んでもらいたいものですね。

      mixiチェック
    11/1(土)東京6Rプレジールシチー7着

    IMG_1035


    休み明けを叩いての2戦目で期待の一戦も、スタートで出遅れてしまいました。
    すぐに先行3番手につけるものの、ここで脚を使ったからでしょうか、最後は粘りを欠き7着となってしまいました。

    エスポワールシチーの全弟ですが、兄と同様の期待をするのは少し酷なのかもしれませんね。
    長い目で見ていきましょう。

    このページのトップヘ