がんばれシチー軍団ホームページ

友駿ホースクラブのシチーを応援するホームページです。

    このページは、友駿ホースクラブのシチー所有の皆さんとともにシチー全馬を応援するページです。

    3歳シチー成績
    ラスベガスシチー 5→1→10→8
    キーウエスト 4→5→6→2→3→1→15
    ハイデンガールズ 9→1
    マリナーズシチー 1

    クレストシチー 6→4→9
    プログレスシチー 10→5

    エランドールシチー 9
    レディカリーナ 10
    シャルマンヒロイン 10
    スカーレットギャル 11→17→10→15

    マーベラスシチー 

    2015年03月

    3月22日中山5Rにヴァンガードシチーが出走しました。
    3歳未勝利シチーの中では、初優勝に一番近い馬。先週のクラリティシチーに続いて優勝なるか。
    初コースの中山がどうなのか、騎手は新馬戦の北村宏騎手に戻り、注目の一戦でした。

    IMG_2640
    IMG_2641
    毛艶も良く体調は良さそうでした。
    これまで東京コースのみ使ってきましたが、牧場の話では右回りに不安があるんだとか。

    IMG_2647
    IMG_2651

    IMG_2654
    IMG_2655

    前売り当初は1番人気でしたが、最終的には4番人気単勝4.9倍でした。

    IMG_2667
    IMG_2672
    レースはハナを主張し、逃げる展開に。
    スタミナが身上の馬ですので、小回りでは正解か。

    IMG_2673
    逃げて先頭のまま最後の直線へ。逃げ残れるかと期待大です。

    IMG_2681
    IMG_2684
    最後、1頭交わされて2着でゴールイン。
    2番人気-4番人気-5番人気での決着でした。

    今回は勝った馬を褒めるべきでしょうか。
    ヴァンガードも自分の競馬はできていたと思います。

    ヴァンガードの走破タイムは2分1秒2でした。
    200m短いメインのスプリングSの勝ちタイムが1分49秒1でしたので、時計も優秀に思えます。
    次走が楽しみですね。中山を使うのか、福島に行くのか、東京を待つのか、厩舎の腕の見せ所でしょう。

    2015年シチー初勝利は、シチー4歳リーダーのクラリティシチー東風ステークス優勝でした。

    今日のクラリティは弾けましたね!
    管理人もビックリでした。

    実は口取りは申し込んでいたのですが、昨秋のクラリティはボロボロでしたし、もしかしたら早熟だったのかな?いくらなんでも2回負けてるシャイニープリンスには勝てないだろう、クラリティは良くても2着か3着だろうと、単勝馬券を買っていませんでした。(笑)

    ところがところが、
    IMG_2517
    あれ?
    IMG_2522
    クラリティってこんな馬だったっけ?と思うほど、馬が大きく変わっていました。
    デビュー戦以外は全て生で見ていますが、今までで一番良かったです。
    放牧でリフレッシュできたのと馬が成長しましたね。

    上原調教師と田辺騎手
    IMG_2535
    上原師「おい、手ごたえ良いからって先行するんじゃねぇぞ、末脚勝負だ。」(推測です)
    田辺JK「おっさん、分かってるって。スプリングSをイメージして乗りますんで。」(推測です)

    IMG_2542
    はなみちでのクラリティシチー

    IMG_2555
    よっこらしょっと。歩きながらの騎乗です。

    IMG_2565
    本馬場入場

    IMG_2585
    IMG_2588
    返し馬

    レースは後方11番手を追走。縦長の後方からでは厳しい展開でした。
    残り600mの標識で4角大外から仕掛けます。
    しかし前も止まる気配はありません。

    IMG_2594
    残り200mでもまだこの位置。1番人気シャイニープリンスが勝ちそう。

    IMG_2596
    IMG_2600
    直線大外で弾けるクラリティシチー
    IMG_2603
    前を捕えるか!
    IMG_2608
    IMG_2611
    IMG_2614
    IMG_2617
    差し切った~



    クラリティシチーが弾けるためには、
    後方からの末脚勝負で残り600mを被されることなく走ること。
    小回りコースなら4コーナー大外ぶんまわしの乗り方しかありません。
    田辺騎手は見事、その通りに騎乗し、クラリティの能力を発揮させました。
    クラリティのことを良く勉強してます。感心しました。

    レース後は口取り。中山競馬場のグランプリロードでのシチー口取り第1号ですね。
    パカパカファームのハリー場長も来ていました。

    口取り後、ハリーさんから所有会員さんに話しかけてきました。
    ハリー氏「オメデトウゴザイマス!ツギハドコデスカ?」
    会員さん「どこですか?」
    ハリー氏「ワカリマセン!」

    ハリー氏「13ニチニ、父オルフェーブルノイモウトガウマレマシタ」
    ハリー氏「キョウカッタカラ、ネダン、タカクナリマス!」
    ハリー場長、超ご機嫌でした。

    ハリーさんと交流していたら、いつのまにか表彰式が終わってた。
    口取りと表彰式の場所が離れているので要注意ですね。

    ハリーさんの言ってたオルフェーブルの仔、高くなりそうですね。
    長男クラリティシチー、次男クラリティスカイですからね。

    もし、クラブが買えたとしても、募集価格5000万円以上でしょうね。

    クラリティシチーの復活で今後が楽しみになってきました。
    どこかを使って、安田記念かエプソムカップでしょうか。
    イケイケの上原調教師ですので、今後の路線が楽しみです。

    このページのトップヘ