がんばれシチー軍団ホームページ

友駿ホースクラブのシチーを応援するホームページです。

    このページは、友駿ホースクラブのシチー所有の皆さんとともにシチー全馬を応援するページです。

    3歳シチー成績
    ラスベガスシチー 5→1→10→8
    キーウエスト 4→5→6→2→3→1→15
    ハイデンガールズ 9→1
    マリナーズシチー 1

    クレストシチー 6→4→9
    プログレスシチー 10→5

    エランドールシチー 9
    レディカリーナ 10
    シャルマンヒロイン 10
    スカーレットギャル 11→17→10→15

    マーベラスシチー 

    2015年05月

      mixiチェック
    IMG_3656
    5/16東京9R夏木立賞にヴァンガードシチーが出走しました。
    昇級初戦で11頭立てと楽しみなレースでした。

    結果は残念ながら7着。

    IMG_3634
    パドックはちょっとカリカリしていましたね。
    前走の勝った時のパドックのほうが良く見えました。
    馬体重はプラス6キロの512キロでした。5番人気。

    IMG_3688
    IMG_3690

    1番枠ということもあり、ヴァンガードシチーが逃げました。
    序盤、他馬に迫られましたが、先頭をキープ。

    IMG_3705

    しかしながら、直線で後続馬につかまり残念ながら7着でした。

    最初の1000m通過が61.2秒。少しスローに落としすぎましたね。
    ペースが遅かったため、後続馬も体力を温存し、瞬発力勝負で負けてしまった感じです。

    勝った時のように、平均ペースで逃げたほうが後続馬の末脚も鈍り、もっと上の着順だったかもしれません。

    ただ、現在の500万下は層が厚いので、簡単に勝ち上がるのは難しいかも。
    福島なら逃げてそのままもあるかもしれません。

      mixiチェック

    5/17新潟3Rダート1800m戦でコンクエストシチーが初勝利を挙げました。

    コンクエストシチーはもともと素質馬で昨年函館のデビュー戦では、新馬勝ちするかと思われた矢先にコースを逸脱し11着、調教再審査となりました。再審査でも不合格になり、合格後も二桁着順でした。


    前走ダート戦に初挑戦し、勝ち馬から2秒差の8着も、今回は中段からの器用な走りと馬群を割る勝負根性でゴール手前200mで先頭に立ち、後続を凌いで見事優勝しました。小坂騎手も良く頑張った。


    昨日優勝したラフィネシチーに続き、コンクエストシチーも幌村牧場の生産馬です。
    幌村牧場の馬は走りますね。

      mixiチェック

    5/16新潟7Rダート1200m戦でラフィネシチーが優勝。2勝目を挙げました。2着馬とは3馬身差の圧勝でした。


    ラフィネシチーは新馬デビュー戦快勝後にしばらく低迷が続いていましたが、半年以上にわたる長期放牧後に3着→1着となる見事な復活劇。放牧で馬が格段に良くなったようですね。


    ラフィネシチーの血統は父ゴールドアリュール、母レディクラシックでグランドシチーの半妹です。
    今後の更なる活躍が楽しみになってきました。


    現在販売中の2013年産馬レディカリーナ(レディクラシックの2013)は、ラフィネシチーの全妹で1口24000円です。こちらも楽しみ、お買い得です。入厩直前には申し込みが殺到するかもしれませんね。


      mixiチェック

    今週、クラブより栗東・岡田厩舎に所属するデスティニーシチーが関東に転厩することが発表されました。
    理由は環境を変えて、変わり身を図るためとのことです。


    これまで22戦して9着以下3回のみという堅実な馬でしたので、関東転厩には少し驚きです。
    岡田厩舎から転厩馬が出るもの意外でしたね。


    関東ではどこの厩舎に所属するのでしょうか。
    大切にしてもらえるといいなと思います。


    このデスティニーシチーは父タップダンスシチー、母アデレードシチーという両親ともシチーの貴重な血統の馬です。


    今現在、タップダンスシチー産駒はJRA中央競馬にザストロンシチーとデスティニーシチーの2頭しか残っていません。末永く走ってもらいたいですね。

      mixiチェック
    ウキヨエ2014の紹介です。

    IMG_3312

    父ハービンジャー、母ウキヨエ(アグネスタキオン)
    サンデー系にハービンジャーという走る組み合わせです。
    しかも近親にハーツクライがおり、クラージュシチーを生産した幌村牧場の生産、グランドシチーの相沢厩舎となれば、期待の持てる1頭です。

    お尻のあたりがハービンジャー産駒の特徴が良く出ています。
    同牧場生産のクラージュシチーとの大きな違いは、クラージュが脚の短い馬だったのに対し、本馬は脚が長いです。

    IMG_3320
    クラージュシチー同様に楽しみな馬ですね。
    芝2000m以上で活躍しそうです。スタミナがありそうで実戦では先行押し切りのタイプではないでしょうか。

    IMG_3333
    鼻筋がちょっと曲がっているところがチャーミングです。

    IMG_3341
    IMG_3344
    性格も良さそうで乗りやすそうな印象を受けました。

    IMG_3367
    IMG_3372
    大物感たっぷりです。秋以降にハービンジャー産駒が再活躍し出したら年内にも売り切れそう。

    IMG_3348
    IMG_3351
    IMG_3352
    左がウキヨエ2014で右がケープタウンシチー2014

    実際のレースでも、スタミナを生かして先行するウキヨエ2014と後方待機で瞬発力勝負するケープタウンシチー2014のイメージが湧いてきますね。

    勝ち上がり率、活躍期間抜群の幌村牧場さん生産ですので、末永く活躍が楽しめるお買い得馬だと思います。
    今後の成長も楽しみです。

    このページのトップヘ